健康保険限度額適用認定証
 

 
高額療養費制度では患者が請求された医療費の全額を窓口で支払い、後で自己負担限度額を超えた分が払い戻しされます(償還払い)。
 病気で入院された場合は、経済的な負担が大きくなるため大変です。70歳未満の方の入院は、「健康保険限度額適用認定証」を提示することにより、一医療機関ごとの入院費用の窓口負担額が自己負担限度額までとなります。70歳以上の方は申請の必要はありません。
 また、平成24年4月診療分より、高額な外来受診の場合でも使用できることになりました。
 [注意事項]
健康保険限度額適用認定証交付対象者について
 70歳未満の被保険者・被扶養者で、入院中または入院予定のある方が対象となります。
 また、平成24年4月診療分より、高額な外来受診にも使用可能となりました。
高額療養費および付加金の差額分について
 健康保険限度額適用認定証を使用して高額療養費の現物給付を受けた場合、残りの付加金等(多数・世帯合算該当の場合は高額療養費の差額分)については、別途「高額療養費支給申請書」をご申請されることにより支給されます。
健康保険限度額適用認定証の使用について

 医療機関等に入院する際、必ず「健康保険証」に「健康保険限度額適用認定証」を添えて窓口に提出してください。「健康保険限度額適用認定証」は退院の際に返却されます。
 窓口負担額は、医療機関ごと1カ月につき、自己負担限度額までとなります。
 なお、入院時食事療養の標準負担額は対象になりません。

「健康保険限度額適用認定証」の返却について
 次の場合には「健康保険限度額適用認定証」の返却をお願いします。

・有効期限に達したとき
・被保険者が資格喪失したとき
・被保険者が加入している保険者に変更があったとき
・適用対象者である被扶養者が被扶養者でなくなったとき
・適用対象者が70歳に達する月の翌月に至ったとき
・適用対象者が後期高齢者医療制度の対象者となったとき
・標準報酬月額の変更により自己負担限度額が変わったとき